婚活を加速させる優良情報満載

ここからさらに加速する為の婚活情報提供サイト

MENU

婚活はタスクに落として淡々と

婚活にも失恋はあり、辛い思いを重ねていくと、婚活そのものがとても重荷になっていきます。なかなか他人にも相談しにくく、いつ結果が出るともわからないため、高いお金を結婚相談所に支払っていたとしても、婚活そのものをやめたくなることもしばしばあります。そんな辛い思いをしないようにするためには、婚活も仕事だと割り切ることが大切です。例えば、メールを朝にチェックする。これを夜までに返す。週に一回は婚活パーティーに参加する。こうしたタスクを整理し、淡々と実行することです。アピールするポイントや、聞くこと、チェックする事項も洗い出し、及第点にいかなければ、自分から迷わずお断りをすることです。また、ギリギリ及第点であれば、向こうからのアプローチを期待半分ぐらいで待ち、悪い返事なら、やはりためらわず次の相手に行きます。こうした考え方で行なうと、婚活でバーンアウトしたりすることが比較的なくなります。また、同じことを何度も繰り返すことにも抵抗がなくなり、長く婚活に耐えられるようになります。毎度初恋のような気分で婚活パーティーに臨んでいたら、たちまち婚活が辛くなることでしょう。婚活の第一歩はタスク作りからです。覚えておきましょう。

婚活パーティーではとにかく積極的に

婚活パーティーは、「行けば結婚相手が見つかる」というような簡単なものではなく、とにかく前へ前へとグイグイ進めていくヤル気が必要になります。受け身の婚活というのは、まずありえないものと思ってくれて間違いありません。婚活パーティーの基本テクニックとしては、とにかく喋ること。ただ、喋るというのは、「いろいろな人と話をする」ということです。自分のしたい話を一人の人にベラベラと吹き込んでも、それは婚活にはなりません。自分なりによく話の合う相手を探すことが目的になるので、そこを見誤らないようにすることです。本当にいいな、という人に出会ったら、連絡先を交換しておくようにしましょう。一方で会話が途切れがちになったら、素早く場を離れることも大切です。そうこうしているうちに、婚活パーティーも終盤に差し掛かると、ファイナルカードという、希望の相手の番号を記入するカードが配布されます。ここでは第三希望までしっかりと記入するのがコツです。ここで決定するというわけではありませんし、向こうの考えもあるわけですから、第三希望まで記入することで、婚活の成功率をアップさせておく必要があるわけです。そこまでガツガツするのは恥ずかし気もしますが、そんなことはないのです。

 

一生独身はイヤ!
http://xn--4gqz31giqbq19b.cc/